マッチドットコム

マッチドットコムで出会うための使い方

更新日:

マッチドットコム

マッチドットコムは30代40代の会員が多く、とても出会いやすい婚活サイトの一つです。

しかし出会いやすいサイトでも、使い方しだいで出会えなかったりすることもあります。

僕が実際にマッチドットコムを利用したとkに気をつけた点、使い方などについてまとめて意向と思います。

マッチドットコムを使っているけど、なかなか出会えないという方は参考にしてみてください。

マッチドットコムの基本的な機能

まずは基本的な機能の使い方を覚えましょう。

マッチドットコムトップ画面

トップ画面を見ると以下の項目があるのがわかります。

  • 検索
  • マッチ
  • つながり
  • メッセージ

各項目についてその機能を説明していきます。

 

検索について

検索は文字通り、マッチドットコムに登録している会員を検索する機能です。

マッチドットコム検索

年齢や居住地のみ設定して行う簡易検索と、詳しい条件を設定して相手を絞り込んでいく詳細検索があります。

詳細な検索を行いたい場合は、画面の左にある「検索結果を絞り込む」の下にある5項目をクリックすると、それぞれの項目について設定できます。

簡易検索だとヒットする会員がとても多くなってしまうので、検索結果を絞り込んでいくのをおすすめします。

まず、自分の好みのタイプの条件を設定して、検索をしてみてください。

全部で21項目あるので、まずは全部設定してみて、検索結果の人数が少ない場合は妥協できる項目から外していくと良いですよ。

 

両想いマッチ

検索画面を開くと上のほうが3つの項目に分かれています。

その中に両想いマッチという項目があります。

この両想いマッチは、自分が設定した好みのタイプの条件と相手が求めている好みのタイプの条件を照らし合わせて、条件がマッチしている項目が多い会員を表示しています。

プロフィール上の相性のよい人ということになりますね。

表示されているプロフィールに、「○○%マッチします」という表記があると思います。

その数値が高ければ高いほど、条件が合致しているということになります。

自分が求めているだけでなく、相手の条件に自分も当てはまっているので、ここで表示されている人に「いいね」や「ウインク」を送ると、高確率で返信が来ます。

是非活用してください。

 

想われマッチ

これは両想いマッチと違い、相手の条件に自分が当てはまっているいる人を表示しています。

自分が設定した条件には当てはまっていない部分があるけど、相手の条件には入っているので、こちらで表示されている人も高確率で返信が望めます。

両想いマッチでなかなか相手が見つからない場合に使うって感じですね。

僕はあまりこの機能は使いませんでした。

 

マッチドットコムは検索機能やマッチング機能が優れているので、上手く使っていってください。

 

マッチについて

マッチドットコムデイリーマッチ

マッチという項目をクリックすると、上記の画面が出てきます。

ここでは毎日10人程度、マッチドットコムがおすすめする相性の良い会員さんが紹介されます。

表示されたプロフィールを見て、その方に関心があったらチェックマークを無かったら×マークをクリックしていきます。

気に入った会員にはメールも送信できます。

あなたに関心がある方という項目がありますが、これは同じようにデイリーマッチを行った会員さんであなたのことを関心がるにしてくれた会員さんです。

ここで表示される人に「ウインク」などを送ると返信が来やすいですよ。

 

つながりについて

つながりの中には、「ウインク」「いいね」「足あと」「お気に入り」という項目があります。

それぞれの機能は以下のような感じです。

 

ウインクについて

ウインクは、あなたのことが気になってますというアピールをする機能です。

検索などで見つけた会員さんで気になる人がいたら、まずプロフィール画面を開いてみましょう。

左の欄に「無料でウインク」という項目があるのでそれをクリックします。

すると「ウインク」が相手に送られ、それをもらった相手はあなたのプロフィールを見て気に入れば「ウインク」や「いいね」を返してくれるかもしれません。

気軽に気になっていることをアピールできるので、とても便利な機能です。

また、ウインクを送るときに簡単なコメントも添えられるので、コメントを添えてあげると気持ちが伝わりやすいです。

 

いいねについて

「いいね」はプロフィール写真や掲載しているほかの写真などに押せるものです。

写真を見て気に入ったり、いいなって思ったら積極的に「いいね」を押しましょう。

写真に「いいね」を押してもらえたら嬉しいものなので、それをきっかけにこちらのプロフィールを見てくれて「いいね」「ウインク」を返してくれたりします。

「いいね」も出会いのきっかけになりやすいので、バンバン使って行きたい機能です。

 

足あとについて

足あとは、プロフィールを見たり見られたりするとそれが履歴に残る機能です。

自分に足あとをつけてくれた人の中で、気になる人がいたら「いいね」や「ウインク」を押しましょう。

こちらのプロフィールを見てくれたということは、検索でヒットしたとかマッチで表示されたとかでマッチ率の高い可能性が高いです。

足あとくれた人すべてにアプローチする必要はありませんが、気になる人がいるならアプローチしてみましょう。

またこちらから足あとを残すのも効果があります。

相手のプロフィールを見るだけで残せるので、まずはプロフィールをのぞきに行って足あとだけでも残しておきましょう。

そして、足あとが返ってきたりしたら、アプローチしてみるというのも手です。

 

お気に入りについて

お気に入りは文字通り、気になる会員をお気に入りのリストに入れるという機能です。

お気に入りに入れると、それは相手に伝わります。

あなたのことが気に入ってますというアピールになるので、気に行った人がいたらお気に入りに入れてみるのも良いアピールです。

また、相手がお気に入りに入れてくれる場合もあります。

その場合は、かなりの確率で返信が来るので、アプローチしてみたほうがいいですよ。

 

これらの相手とつながる機能の中で、「ウインク」と「いいね」は頻繁に使っていくと思います。

上手く使って出会いを見つけてください。

 

メッセージについて

これは相手とメール交換する機能です。

この機能は、有料会員でないと利用できません。

婚活サイトを使って出会うためにはメール交換は必須なので、本気で出会いたいなら有料会員になったほうがいいですね。

 

マッチドットコムは相手にアプローチする機能がいろいろあるし、どれも気軽に使えるのがよい点ですね。

いきなりメールを送るとなると、何か書こうか考えてしまいますが、「いいね」や「ウインク」なら気軽に送れますよね!

有効に活用してみてください。

 

マッチドットコムで出会うための使い方

僕がマッチドットコムを使ったときに気をつけた点は以下です。

  • プロフィールの内容
  • 写真掲載
  • アプローチの方法
  • メッセージ交換

 

プロフィールの内容はしっかり考えて

まず大事なのがプロフィールです。

これはどの婚活サイトの説明を書くときにも書いています。

婚活サイトを利用している人が、メール交換しようかどうか判断する材料ってプロフィールしかないですよね。

「いいね」「ウインク」「足あと」をもらった人がまず見るのがプロフィールです。

そのプロフィールに、1行しか文章が書いてなかったり、空白だらけだとどんな人かわかりません。

自由文で入れられる部分関しては、なるべく入力しましょう。

また「自分の言葉で」と言う欄はとても大事なので、しっかり内容を考えて入力しましょう。

ここには、

  • 性格
  • 趣味
  • 仕事
  • 周りからどのように見られているか
  • どんな人を求めているのか

などを入力すると、自分という人をアピールしやすくなると思います。

そして、文はなるべくポジティブで明るい感じで表現したほうが良いですね。

プロフィール欄にネガティブなことを書くとあまり反応は良くないかな。

自分のネガティブな部分も含めて好きになってくれる人を探すという考えがあったりするなら、それはそれでよいと思いますけどね。

でも、僕は相手のプロフィールを見たときに暗い感じだったら、まずアプローチしようとは思わないです。

僕もマッチドットコムを使い始めたときは、このことがわからず、プロフィールに次のような感じで書いてました。

はじめまして。

最近出会いがないので素敵な出会いを求めてこのサイトに登録してみました。

まずはメールから始めませんか。

よろしくお願いします。

今から考えると、こんなんじゃ僕という人がどんなかわからないし、何の魅力もないですよね。

もちろん返事なんて1通も返ってきませんでした。

若くてイケメンだったら、これでも返事が来るのかもしれないけど、見た目に自信はないので(笑)

やっぱそういう人はプロフィールの内容で勝負しないとダメですよね。

相手にアプローチする前に、プロフィールはよーく作りこんでおいたほうがいいですよ。

 

写真は掲載したほうが良いです

これもプロフィールと同じです。

自分がどんな人か見た目でわかりますよね。

やっぱり相手の外見って気になると思います。

まぁイケメンを求めてる人には相手にされないかもしれないけど、ある程度年齢がいくと外見よりも内面を見てくれる人が増えてきます。

それにイケメンじゃなくても感じがよさそうに見えれば、意外と相手からアプローチしてくれるんですよ。

ちなみに僕が掲載していた写真は笑顔の写真。

僕に「いいね」や「ウインク」をくれた人は、笑顔がよいと言ってくれました。

自分が良く写る表情や角度などを見つけて、自分の中のなるべく良い写真を掲載してみてください。

反応が変わってくると思いますよ。

 

アプローチの方法

僕のアプローチの方法は以下のような感じです。

  1. 両想いマッチでヒットした人に、足あとを残す。
  2. その中で気になった人には、「いいね」を押す。
  3. デイリーマッチを利用する。
  4. 「いいね」や「足あと」が返って来たら、「ウインク」を送ってみる。
  5. 「ウインク」が返ってきたら、メールを送ってみる。

こんな感じで、アプローチしていたら意外と返事が来たりしました。

プロフィールしっかり書き込んで写真掲載をすると、こちら「ウインク」送る前に相手から「ウインク」来たり、メールが来たりすることもあります。

あと、僕がアプローチした相手は、大体同年代くらいの人です。

30半ばから40代前半までの範囲。

20代の人にもたまにアプローチしてみましたが、反応はイマイチでしたね。

自分の年齢を考えて、アプローチする人を選ぶことも大事かなと感じました。

若い人が好きなんだから仕方ないじゃんって言う人もいるかも知れなけど、頑張れ!としかいえないな(笑)

相手が30~40代の人のほうが、出会いに対して真剣な感じがしたし出会いやすかったですよ。

 

メッセージ交換について

最終的に会うってなるためには、メッセージ交換で上手くいかないとダメですよね。

ここでつまづく人もいるんじゃないかな。

僕も最初は上手くいかなかったです。

何通かやりとりしたら音信普通なんてこと、たくさんあった。

ここで僕がメッセージ交換で気をつけたことはというと、

  • 長文はおくらない
  • ネガティブなことを書かない
  • 相手のプロフィールをよく読んで相手にちなんだ質問してあげる
  • 読みやすい文章にすることを心がける

 

長文は送らないようにした

長文は読む気が失せる人が多いので、送らないようにしてました。

相手が文章題好きで長文を書いてくる人なら別だけど、そうでないなら相手の文章量に合わせた文にして送りました。

 

ネガティブなことは書かないようにした

仕事から返ってきてから、マッチドットコムを開いてメールを読んだら、会社の愚痴や友達の悪口などが書いてあったらどんな気持ちしますか?

疲れて帰ってきてるのにさらに嫌な気分になりますよね。

そんなメールは読みたくなくなっちゃうので、ネガティブなことは書かないようにしてました。

相手が読んで嫌な気分になるような内容はひかえましょ。

 

相手にちなんだ質問をする

これ結構大事ですよね。

プロフィールを読んで、その内容について聞いてあげることで、私のこと興味あるんだって思ってもらえます。

それに質問をすることで、相手は返事が書きやすくなります。

メール交換も会話と同じようにキャッチボールしたほうがスムーズに行きます。

そのうち、相手から質問がきたりするようになったりもして、メールが続きやすくなりますよ。

それに、メールで聞いたことは実際にデートしたときにも役に立ちます。

好きな料理やお店など聞いていたら、そこに行って見るということも出来るしね。

まずは相手のプロフィールをしっかり読んで、それをネタにメールを書いてみるといいと思います。

 

読みやすい文章を心がける

句読点も無くぎっしり詰め込んだ書き方よりも、適度に改行も入れて書いたほうが読みやすいですよね。

この辺は人それぞれだとは思いますが、読みやすい文章にしたほうが返事は来やすいですよ。

あまりに読みにくいと、読んでくれなくなっちゃうかも知れないので気をつけましょう。

 

メッセージ交換は、1~2週間程度くらいしました。

それくらいすると、お食事行きませんかとか、お茶飲みながらお話しませんかとか、飲みに行きませんかという風になってきます。

好きな料理やお店の話、映画の話や趣味の話しているうちに、見たいなぁ、行きたいなぁ的な話になってきます。

そんなときに誘うようにしています。

メッセージ交換が続いていたら、実際に会うことはそれほどハードルは高くないと思います。

頑張ってくださいね!!

 

一番読まれている婚活サイト攻略ブログはこれ

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

-マッチドットコム
-, , , , , ,

Copyright© 婚活サイトで30代40代が出会うためのブログ , 2017 All Rights Reserved.